女性の男性型脱毛症だと判った場合の治療

女性の若年性脱毛症には様々な理由が考えられます。

当然、それぞれ治療やケアは変わってきます。

ですが、まずは主要であると考えられている男性型脱毛症の治療に取りかかる必要があります。

この場合、起因として男性ホルモンの過多がありますので、つい女性ホルモンを増加させれば良いと考えがちですが、大切なのは双方のホルモンのバランスを整える事にこそあります。

男性のAGAと、女性のFAGAでは、近似の病気と言えますが、区別する必要があります。

その大きな理由は、どれほど男性ホルモンが増えても、女性の場合ある一定の量の女性ホルモンが体内で分泌されている為に、症状も男性とは相違がある為です。

また、治療法に関しても相違があると言えます。

AGAの場合は、局所的に薄毛や抜毛が始まります。

顕著であるのが、前頭部、つまり生際と頭頂部から症状が始まります。

ですが、FAGAの場合は局所的な症状は無く、全体的に髪の毛が細くハリがなくなり、全体的に抜毛が多くなるのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>