女性の男性型脱毛症のメカニズム

ヘアサイクルの乱れが若年性脱毛症の原因となりますが、そのヘアサイクルの乱れの起因となる1つの大きな理由は男性型脱毛症です。

もちろん、それ以外にも生活習慣や、ヘアケア不足などの原因も大きく関係しますが、そもそもの根本と言える原因である男性型脱毛症を無視しては通れません。

では、男性型脱毛症のメカニズムはどんなものでしょうか。

男性型脱毛症は、体内の男性ホルモンの量が過剰になり、その男性ホルモンが体内にある還元酵素である5aリダクターゼと結び付き起きるのです。

この2つが結合するとジヒドロテストステロンと言う強力な脱毛作用を引き起こす成分が生成されます。

このジヒドロテストステロンがヘアサイクルを狂わせるのです。

ヘアサイクルが狂うと結局脱毛のスピードに、発毛のスピードが追い付かなくなり、結果として薄毛になっていくのです。

しかも、男性型脱毛症は進行性で放置すると確実に症状が悪化していきます。

男性型脱毛症は自然治癒や自己免疫で改善していくと言う事は絶対にありません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>